会社概要

美術装飾とは?

私たちの仕事は「美術装飾」「小道具係」「セットデコレーター」といわれる美術パートの一部です。 聞きなれない職業ですよね。
「どんな職業なんですか?」と、よく人に聞かれます(笑)。映像美術のプロセスとしては設定にあった美術プランをデザイン、図面化するのが
「美術デザイナー(美術監督)」の仕事。予算管理、円滑に各美術パートをプロデュースするのが「美術進行」。

普段皆さんが目にしている美術セットは大きく分けて「スタジオ建て込みセット」と「ロケ加工セット」とあります。

「スタジオ建て込みセット」では撮影スタジオの何もないところから大道具(装置)が壁、床など建物を作り、
塗装・エイジング(汚し塗装)を施し、いわゆる「美術セット」が出来上がります。そのセットに設定にあった家具や
小道具などのインテリアコーディネートをして探索、交渉、手配したものを飾ったりするのが私たち「装飾」の仕事です。
その守備範囲は時代モノから未来モノまでありとあらゆる世界です。

「ロケ加工セット」ではロケ現場にない部分を作ったり、設定された時代にあった小道具を飾ったりする仕事です。
とても地味なパートかもしれませんが私たち美術部が作りこんだものが映像の中で作品の設定表現や演出の一部として
欠かせないパートだと自負しております。

会社概要

社名 有限会社プロップアイズ
代表者 代表取締役 伊比 和彦
専務取締役 津久井 悟
本社所在地 〒215-0005 神奈川県川崎市麻生区千代ケ丘7-7-14
電話番号 044-712-0424
FAX番号 044-712-0425
資本金 300万円
設立 1995年
従業員数 8名(2017年10月現在)
取引銀行 八千代銀行和泉多摩川支店
城南信用金庫狛江支店

沿革

1995年3月 伊比和彦が大映スタジオ(現・角川大映スタジオ)美術部を退社後、プロップアイズ設立
1997年1月 資本金300万円で有限会社プロップアイズとして法人化
2010年4月 八王子倉庫を開設
2019年3月 狛江オフィス・狛江倉庫・八王子倉庫を統合し川崎市・百合丘に移転

アクセス

電車の場合 小田急線新百合ヶ丘駅よりバスで8分。
バスのりば4番から常時発車しております。
小田急バス「新02」「新03」系統
「千代ヶ丘」もしくは「千代ヶ丘小学校入り口」下車1分
バスの場合 「千代ヶ丘」もしくは「千代ヶ丘小学校入り口」下車1分
駐車スペースは本社前3台、別倉庫2台まで駐車できます。
pagetop